オールインワンゲルの使い方をマスターする

オールインワンゲル化粧品と従来の基礎化粧品では、使用する上で異なるポイントがいくつかあるようです。

ですから、初めてオールインワンゲル化粧品を使用するという人は、使い方のポイントを知っておいたほうがいいでしょう。

オールインワンゲル化粧品の特徴の1つに、伸びのよさが挙げられており、今まで使用していた基礎化粧品と同じ量を使用してしまうと、お肌にべたべた感が残ってしまうことが多いようです。

必要以上にオールインワンゲルを塗りすぎてしまうことで、化粧崩れがしやすくなったり、化粧ののりが悪くなったりしてしまうのです。

まずは試しに少量を指にとり、どのくらい伸びるのかをチェックして、適量を判断することが大切です。

また、オールインワンゲルを塗った直後は、多少のべたつき感がありますから、メイクは、少し時間をおいてからのほうが、うまく仕上がります。

冬場などお肌の乾燥がひどくなりがちな季節には、うるおいが足りていないと感じることもあるでしょう。

そのような時は、気になる部分にオールインワンゲルを重ね塗りをしたり、顔全体の乾燥がひどいのであれば、冬季のみ高保湿タイプのオールインワンゲルに切り替えてもいいでしょう。

シミ対策、毛穴対策、美白などといった1つのポイントに重点をおいたスキンケアが必要となる場合、化粧水からメイク下地までを1つでカバーをするオールインワンゲルでは、効果があわられにくい場合もあります。

美容液などをオールインワンゲルに補足する形でとりいれていくといいでしょう。

●関連ページ…>【オールインワンゲルがよくわかる